保健師は幅が広いです

 

保健師は公衆衛生活動を通して保健医療の普及や指導などを行う専門的な資格です。保健師は働く場所や内容が非常に多岐にわたることが特徴の一つとなっています。

 

保健師の活動範囲について

保健師は多数の人が集まる所には必要とされる考えがあります。多数の人というのは、市や区などの大規模なものから、学校や企業などの中規模のものまで多数あります。学校等では保健室がありますね、保健室では子どもの病気の相談や簡易的な怪我の処置などを行います。また、企業などで保健師を置いているところもあり、従業員の健康相談や定期的な健診などを行います。市や区にももちろん保健師は必要になってきます。

 

市や区などではどのような活動を行うの?

こういった比較的規模の大きい集まりにも保健師はいます。こういった場での保健師の活動としては、住民の保険指導がほとんどの業務になります。時々公民館などで健康相談などをやっている姿をみたことがありますか?あれはほとんどの場合市や区が開催しており、保健師が実施していることがあります。また、風邪の注意書き、注射の促しなどの広告も保健師が考えることがあります。市や区で働く保健師はこのような活動があります。

 

看護師と保健師について

看護師取得後に保健師を目指す方も非常に多いです。看護師はどちらかというと肉体労働に近い物がありますが、保健師は肉体労働というよりも頭を使う仕事がほとんどです。こういったこともあり、看護師をしていたが体力的に厳しくなり、保健師を目指す人も多いのです。しかし、保健師を持ちながら看護師をしている方も多いです。保健師を一度経験してみたが、やはり看護師の方が自分に会っていると考える方も多いようです。