助産師はママの頼れる存在

 

助産師とはその名の通り出産を主に扱う資格です。看護師の上級資格と思われがちですが、実はそういうことではなく、助産師と看護師は似て非なる資格です。もちろん看護師の後に助産師を取るかたも多いですが、看護師と助産師を同時に取ることもできます。

 

助産師の仕事って?

助産師は妊婦を対象として、妊娠に関わったり、出産に立ち会う、生まれたての子どものケアを行うなど、その仕事の幅は多岐にわたります。例えば妊娠の相談、どうしたら妊娠しやすいかを相談されることもあります。これを答える為には女性の身体はもちろんですが、男性の身体もある程度知っておかないと答えることはできません。また、妊婦の相談もしておかなければなりません。妊婦の相談は非常に複雑で人によって症状や悩みなどは違いますので、それに対して答えていかなければなりません。妊婦は自分の身体だけではなくお腹の中にいる赤ちゃんのことも考えておかなければなりませんので、非常に神経質になっている場合がありますので、気を使う仕事だといえます。しかし、子どもが好きな方や、人の役に立ちたい、不安を解消してあげたいと思っている方にとっては非常に適した仕事であると言えます。

 

助産師の需要

最近では産婦人科が少ないと社会問題になっています。これは産婦人科が少ないのではなく産婦人科医が少なく、お産をしている医師は年々減ってきています。その為、助産師の役割は非常に大きく、少ない産婦人科医を多くの助産師で支えることが期待されています。その為、助産師の求人は非常に多く、看護師と比べても給与も高く設定されています。看護師の平均月収が25万円前後に比べて、助産師の平均月収28万円前後と非常に高設定されていることも特徴的です。