子ども相手の仕事は激務です

 

昔は学校や保育園には看護師は必要ありませんでした。特に保育師はあくまで子どもが過ごす場所とされて、看護師の配置は義務付けられていませんでした。

 

子どもに対しての考え方の変化

昔の保育園には看護師は必要ありませんでしたが、現在の保育園では看護師は必要です。なぜこういったことになったからというと、やはり子どもの考え方の違いがあるのではないかと考えられています。少子化に伴い子どもの数は減ってきています。一人っこの子どもも増えて親が子どもを大切にする傾向にある傾向にあります。その為子どもに何かあった時にすぐに処置できるように看護師を配置するような環境になりました。また、働く親が増えてきた為、子どもに何かあった時にすぐに迎えにいけない親が増えてきたのも一つの理由ではあります。

 

保育園で働く看護師は何をするの

保育園で働く看護師は非常に激務だと言います。医療業務だけでなら比較的楽だといえますが、保育業務をしなければならない所も多数あります。兼任していと非常に疲れも溜まりますし、精神的にも非常に負担になります。

 

学校での看護師

学校での看護師は学生の保健相談や簡単な処置などが主な業務になります。それに加えて最近では子どもの心のケアも非常に重要視されてきています。その為看護師は人とかかわることが好きな方が向いているでしょう。
どちらにしても病院で働くことと比べれば忙しくなる場合が多いです。子どもが好きなことはもちろんですが、体力的にも精神的にも強い人でないといけませんので、そういったことも踏まえて働くと良いです。何をとっても子どもが好きで好きでという方にはもちろん向いています。