看護師の公務員もいるのです

 

看護師の公務員は市立や県立の病院で働くことになると自動的に公務員扱いになります。もちろん公務員の年金に入れますし、公務員としての制度は使えます。

 

 

私立、市立病院に入るのは難しい?

ほとんどの病院では面接だけで入れるところはありません、ある程度の筆記試験や作文がありますが、難しいとは言えません。いくら公務員だからといっても病院は看護師不足に悩んでいるのです。その為できるだけ就職しやすいように配慮している所もあります。年金など公務員のメリットはありますが、それ以外では給与が市立、県立の方が低い場合もありますので、退職率や就職率は他の病院と比べてもさほど変わりはありません。

国立病院は公務員とはならない?

国立病院は準公務員という扱いになりますので、厳密にいえば公務員ではありません。入れる年金制度も違います。しかし国立病院というだけあり、最先端の医療を実施していることがあります。看護師の教育に力を入れている場合もありますので、自分の技術を向上させたいのであれば国立の病院にいくこともありだと思います。

 

看護師は元々公務員扱い?

公務員の一番の利点としては、不祥事を起こさない限り一生安泰ということでしょう。按手した職業として公務員は非常に優遇されていると考えられています。しかし、看護師も常に人手不足で常に求人がありますし、クビになることはほとんどありません。その為働き口はいくらでもあり、さらに転職等で困ることはありません。そういった面から考えると看護師の資格はいわゆる公務員と同格だと言えます。看護師自信もそういったことを分かっているのか、公務員看護師になっても平均3年程度で辞めるかたが多いのです。看護師は一生安泰の資格といっても過言ではありません。