デイサービスには基準がたくさん

 

デイサービスを運営していくには人員の基準があります。介護士が何人、相談員が何人、管理者が何人などの人員の基準を満たしていないと運営はできません。その人員基準の中に看護師は含まれており、10人以上を定員にしようと思うと必ず看護師を置かなければなりません。

 

 

デイサービスでの看護業務

デイサービスに通う高齢者は要支援、要介護の認定を受けた人に限られます。これらの人は日常生活に何らかの支障をきたす病気や、加齢に伴う障害を持っている方がほとんどですので、それらの高齢者のケアを行うことが主な業務になります。ただ、皆さん普段は自宅で生活している方ですので、ほとんどの方がお元気で医療的な処置をすることはあまりありません。特に注射を使った採血などは全くと言っていいほどありません。血圧や熱を測ったり、傷の処置などがほとんどの業務になります。ここで重要視されるのは、病気の相談を受けることが多いということです。最近寝つきが悪くなった、足が痛くなったなどの相談を高齢者から受けることがありますので、丁寧に対応していかなければなりません。高齢者施設ですので、高齢者の心のケアも業務の一つとして重要視されます。

 

リハビリを行うことがあります。

人員基準の一つで機能訓練指導員を1名置かなければならないとあります。これは作業療法士や理学療法士などが行いますが、看護師も行うことが可能となっています。しかも機能訓練指導員は看護師との兼任もできますので、人件費を考慮して看護師と機能訓練指導員を兼任しているデイサービスも多くあります。その為デイサービスの看護師はリハビリの知識が無いと困る場面もありますので、注意が必要です。