美しくなりたいなら美容外科にいこう

 

美容外科に来る人は綺麗になりたいと思ってくる人が大半です。その為、看護師も通常の業務では考えられないようなところに気を使わなければならないことがあります。

 

 

美容外科は綺麗な従業員を求めている

美容外科は他の科とは違い病気の人はほとんど来ません。大半の方は綺麗になりたいと思って来られます。そんな希望を持った方が来るのですから、そこで働いている従業員も綺麗でなくてはいけないと考えている院長も多いようです。すっぴんはもちろんNGですし、身なりも整えておかなければなりません。毎日の化粧が嫌で辞める看護師も多いと聞きますし、美容外科で働くことがストレスになってやめてしまう方も多いです。

 

美容外科ならではのメリット

嫌なことばかりではありません、働く側も綺麗になりたいと思う看護師であれば非常に働き甲斐のある職場になることでしょう。なぜかというと、美容外科は大半が保険外の治療になります。保険外であればお金がかかりますが、その分治療が受けやすいメリットがあります。最近肌が荒れてきたなと思う看護師が居たら、病院にもよりますが、従業員価格で肌がきれいになる薬をもらうこともできます。通常の保険診療では、様々なしがらみがありますが、保険外診療では割とそういったことが受けやすいのです。

 

診療結果によってはクレームを受けることがある

これは通常の病院でもありますが、美容外科の場合保険外診療がほとんどですので、患者側は多額の費用を支払っています。このことから金額の割にはあまり変わっていない、理想の形にならなかったなどのクレームが多くあります。患者側はドクターには直接言う事が少なく、看護師に言ってくることが多いです。その為患者とドクターの板挟みに可能性がありますので、そうならない為にも日頃から患者やドクターと信頼関係を結んでおく必要があります。