ゆったりと働きましょう

 

 

通常の病院とクリニックの大きな違いとして挙げられるのは、勤務時間の違いです。通常の病院であれば、夜勤もあれば、日勤、遅出、早出があるのが通常です。それがクリニックになってくると、日勤のみの場合がほとんどで、勤務時間も9時から13時、15時から17時などの中休憩をはさむところも多くあります。このような勤務体系ですので、お子様がいるような主婦の方には非常に人気があります。夜勤がないのが大きいようです。その他にも様々な違いが病院とクリニックではあります。

 

正社員が少ない

クリニックの場合正社員の看護師は非常に少ないと言えます。ほとんどがパートタイマーの勤務であり、正社員は1、2人ぐらいの場合が多いです。

 

仕事内容が偏ってしまう

クリニックはある一定の科に絞って診察しているので、どうしても看護内容に偏りが出てしまいます。例えば内科であれば血圧や熱の測定が多く、外科ではケガの処置などが大半になります。このようなことがあるので、新卒でクリニックに行って、大きな病院に行くと仕事内容の違いからか戸惑うことが多いと言います。クリニックによっても違いはありますが、クリニックに就職してから一回も採血をしたことが無い看護師も多くいます。

 

残業が少ない

大きな病院になると入院患者が急変したり、記録の記入に時間がかかったりなどで残業することが多い場合があります。しかし、クリニックではほぼ全員が患者自ら来ますので、診察時間が終われば仕事も終わりということが多いようです。こういった面からも主婦に人気があるのが分かります。よく大きな病院でありがちのカンファレンスや会議などもほとんど行われることがありませんので、残業はほとんどないと言えます。