ブランクを怖いと感じている方は多い

 

看護師の復職は求人数が多いので、他の資格と比べても復職がしやすいと考えられています。

 

 

看護師の復職はブランクがネックになる

看護師は専門職ですので、専門の技術が必要ですし、知識も必要です。特にこれらは医療の発達に伴いやり方などが次々と変化していっていますので常に現場で働く人間と、何年も働いていない人間が一緒に働くと様々な障害が生まれる可能性があります。働いていないと急に言われた専門用語が理解できなかったり、医療的な処置ができなかったり困ることが多々あります。復職をする際はこういったことも考えて働く場所を選んだほうがよいかと思います。

 

復職するならこんな場所

復職するならば、病院などよりも小さなクリニックや老人ホームなどが良いかと思います。こういたところでは比較的ゆっくりと時間が流れていきますので、焦って仕事をする必要もありません。しかもやることはある程度絞られていますので、安心して取り組めるかと思います。また、病院でも「ブランクのある方丁寧に教えます」などの文言があるところはそういった方も丁寧に教えてくれますので、お勧めできます。

 

復職をするための準備

復職をするときはある程度知識を入れておいたほうが良いかと思います。医療の世界は日々早いスピード進歩していっていますので昨年常識だったことが正反対になっていることもありますし、やり方が変わっていることなどは日常茶飯事的にあります。本などでも調べることができますが、ナース専用サイトなどで仕入れることも大切です。ナース専用サイトであれば、現場で働くナースの相談などが乗っていますので、非常に参考になるかと思いますで、是非みてみてください。