転職支援金の不思議について

 

転職支援金などはハローワークの公的機関でも行っていますが、民間会社でも転職支援金やお祝金は行っています。また、民間の方が公的機関よりも多く支払われることがあります。

 

 

民間の転職支援金に・お祝金ついて

これらの支援金、お祝金は基本的に就職が決まれば支払われます。転職支援金は転職する為にかかるであろう費用、お祝金はその名の通り転職おめでとうという気持ちで支払われるものです。金額は会社によって違いはありますが、2つを合して最低でも10万円は支払われることが多いです。

 

条件について

多くの民間企業では複数の条件あることがほとんどです。条件の一つとして、転職先には半年以上、1年以上は勤めることを条件にしていることは多いです。また、これはあまりありませんが、民間会社の指定する企業に勤めればお金を支払うといった条件を出していることがありますので、事前に調べておく必要があります。

 

どうして転職支援金、お祝金がでるの?

これは民間会社が企業から紹介料としていただいているからです。この金額は民間会社と起業の間で決められますが、年収の数パーセントと以外と高額な紹介料を支払うことがあります。先ほどの条件で半年、1年以上勤めることを条件としている場合は、この条件が民間会社と企業の間で結ばれていることが多いからです。

 

企業が民間会社を使うメリットは?

企業が民間会社を使うとお金がかかるのに、どうして使うのといった疑問があると思います。これは普通に求人を行うと非常に広告費が高くつくうえ、確実に来てくれる保証がないからです。その為あえて高い紹介料を払っても企業に求人をお願いすることが多いのです。また民間会社も人材を適材適所選びますので、できるだけ長く続けてくれる人を紹介することが多いのです。